スポンサード リンク

2007年08月19日

歯周病治療はこんなことをします。

歯周病治療の前に

歯周病治療の前に、歯周病が何かを知る必要があります。
読んで字のごとく、歯の周囲の病気ですが、歯肉炎もあれば歯槽膿漏もあります。
症状としては、歯肉が腫れたり出血したりする歯肉炎、歯槽膿漏は成人生歯周炎ともいい、最も多いタイプの歯周病です。
この歯周病は初期症状がほとんどなく、歯磨きの時に出血する程度ですが、進行すると歯肉が腫れ、膿が出たり歯がぐらついて来ぬ蹴ることもあるので、早期の治療が最も大切になります。

歯周病治療の種類

歯周病治療するに当たり、その歯周病の実態や原因を把握した上で適切な治療を進めます。
歯周病の状況については、プラーク、ポケット、歯槽骨、歯、歯肉、かみ合わせの状態を診察し、具体的な歯周病治療を決定します。

歯周病治療その1「応急処置」
歯肉ガ腫れている場合の切開や排膿、かみ合わせの調整、投薬などを行います。

歯周病治療その2「プラーク・コントロール」
プラークとは歯垢です。歯垢とは歯に付着している最近の集まりです。患者自身のプラーク・コントロールの現状にあわせて、必要なプラーク・コントロール法を身につけます。

歯周病治療その3「スケーリング」
歯石は唾液中の石灰分や食物のかすなど固着したものですが、歯肉縁下の歯石除去を行います。
必要に応じて局所麻酔を行い歯肉縁下の歯石を除去することで、歯根の表面を滑沢に仕上げます。

歯周病治療その4「歯周外科手術」
上記歯周病治療などで治りきらなかった部位に歯周外科手術を行います。
病気の原因が目視できるように、歯肉を切って歯槽骨からはがすとともに、取れなかった歯石を除去しします。

歯周病治療その5「定期検診」
歯周病治療が終わったからといって安心できません。この健康な状態を維持するためにもプラークコントロールをして定期的に検診をうけます。


歯周病治療に頼らないためには

歯周病治療に頼らないためには、日頃の予防が必要です。
いわゆるプラークコントロールをするためには正しいブラッシング、食べたら磨くことが重要です。もし歯周病になったら早期に医師に相談し、正しい歯周病治療を進めるようにしましょう。
ラベル:歯周病治療
posted by 歯周病治療とは at 12:49| 歯周病治療について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。